ロゴ

フィンテックを導入するメリットを知っておこう

ウーマン

フィンテックが注目されている理由

都市銀行を中心とした金融機関の間で導入が進んでいるのが、フィンテックと言われる金融サービスと情報技術の組み合わせです。それらのサービスを提供する企業にも使われています。顧客向け金融サービスの分野において、従来人同士のみのやり取りであったものが、インターネットを介して提供できるといったことが注目されています。普及が進むに連れて、金融サービスの提供におけるコスト面でのハードルが下がることから、積極的に取り入れるところが増えてきています。

フィンテックの導入例

男の人

電子決済手段の導入

飲食店などでクレジットカード決済を行うための通信手段の変化です。以前は専用の高価な端末に電話回線を用意していたものが、スマートフォンと小型化された端末を用意することで、各種決済ができるようになり、導入コスト削減につながります。

自動でつけられる家計簿

日々のお金のやり取りを記録する家計簿にも変化があります。従来は手書きで記録することが基本だった家計簿も、クレジットカードなどの支払い履歴から自動的に作成してくれるサービスが用意されています。これらは無料で利用できるところもあります。

複数のクレジットカードをまとめる

複数のクレジットカードを一つにまとめるサービスもあります。いくつかのカード番号を磁気ストライプタイプのカードに登録し、このカード一つで安全に買い物ができる仕組みとなります。

意外と身近にあるフィンテック

金融機関を中心として導入が広まっているフィンテックは、私達の生活にも波及しています。スマートフォンや小型機器に、クレジットカードなどを触れるだけでできる電子決済や、購入明細などをインターネットに記録する仕組みなども、フィンテックの一部です。

企業がフィンテックを導入した後と導入する前を比較!

クラウド型会計ソフトの導入前

日々の業務における金銭面でのやり取りを記録する会計ソフトを導入すると、電子データとして保存することが可能となります。ただ、いつデータが消えるか分からないため、紙の帳簿にもやり取りを記入しなければならない上に、記入ミスも起こることから手間がかかります。

クラウド型会計ソフトの導入後

金銭的なやり取りのうち、レシートや領収書が絡む場合、それらをスキャンすることで記帳が完了します。記帳されたデータはクラウド上で保存されるため、データ消失の危険性が減ります。結果として記帳に関する時間と手間が大きく削減されます。

運営をスムーズに行なう為にも導入しよう

日常的な業務や生活において、お金のやり取りの記入は大変な時間と労力がかかります。お金のやり取りの記入段階で矛盾や間違いが生じると、訂正にさらなる時間をかけてしまうこともあります。こうした負担の軽減と運営をスムーズにすすめるため、クラウド会計ソフトなどのフィンテックを導入、活用することで、時間を有効に活用することができます。

広告募集中