ロゴ
HOME>Topics>優秀な人材を確保したいならオンライン面接が便利

双方にメリットがあるオンライン面接

「オンライン面接」とは、採用活動の際にインターネットを介した音声通話やビデオ通話機能等を利用して面接を行うことをいいます。応募者はわざわざ何度も企業に足を運ぶ必要がないため、時間やコストの負担が軽減されます。これによって遠隔地の企業を希望する応募者でも近場の応募者と同じようにチャレンジがしやすく、企業側もそういった遠隔地の優秀な人材と出会うチャンスの幅が広がります。

優秀な人材を確保したいならオンライン面接が便利

面接

オンライン面接の流れ

まず、オンライン面接に必要なソフトやアプリ、また利用に必要なアカウント等の準備をしておきます。次に通常の対面での面接と同じように面接の担当者と応募者との予定をすり合わせ、面接の日程を調整します。約束の日時になったら採用担当者もしくは応募者から発信します。同時に発信してしまうのを防ぐために、事前にどちらから発信するのか決めておくのが良いでしょう。だいたいは企業側から発信する場合が多いです。相手が応答したら軽く挨拶をし、音声や映像に問題がないことを確認したら面接を開始します。その後は通常の対面での面接とほぼ同じような流れになります。

PCを操作する人

オンライン面接を行なうにあたって必要となる設備

メールやチャットでのやり取りによってオンライン面接を行う場合もありますが、だいたいは音声通話かビデオ通話を利用する場合が多いでしょう。音声でのやりとりはほぼ確実に必要になりますからマイクは必須と言えます。スピーカーやイヤホン・ヘッドホンなどの相手の声を聴くための設備も必要ですが、スピーカーはマイクとの相性などで雑音のもとになる可能性があるのでイヤホンやヘッドホンの方が無難です。ビデオ通話を行う場合はもちろんカメラも必要になります。

企業側のオンライン面接によるメリット

社内

応募者の増加による人材の質の向上

特に遠隔地の応募者にとって、物理的な距離の問題は小さくありません。直接出向くとなれば金銭的負担も大きく、移動等で拘束される時間も増えるためにスケジュールを合わせるのにも苦労することが多いです。負担の大きさと天秤にかけたとき、応募を諦めてしまうという応募者もいるでしょう。オンライン面接を使ってこのような遠隔地の応募者に対しても間口を広げることで、より多くの優秀な人材にアプローチすることができます。

採用コストの削減

全国に支店や営業所がある企業の場合、採用担当者が出張するというケースも多いでしょう。遠ければ遠いほど交通費、宿泊費等の出費がかさんでしまいます。応募者の時間やコストだけでなく、企業側の時間やコストも同じように削減することができます。

面接内容の共有、分析のしやすさ

オンライン面接の場合、面接内容を動画や音声データとして保存することが容易です。他の採用担当者や上司等にダイレクトに面接の内容を伝えることができ、認識に齟齬が発生しにくくなります。また、そのデータを蓄積して分析するという使い方もできるため、今後の採用活動にプラスになるでしょう。

広告募集中